震災支援プロジェクト Vo.1

「避難生活をされている方が少しでも心安らぐよう、お手伝いをしたい」

かねてからお世話になっている日本ユニバーサルカラー協会・理事の南さんから
ご連絡をいただいたのは数週間前のこと。

南さんは、色が人の心理に与える作用などを研究されている色彩のプロ。
その作用を活かしたメンタルケアや住環境の色彩コンサルタントとして活躍され、
鈴木設計でも設計時のアドバイザーとしてご協力をいただいてきました。

その南さん率いるメンバーが、避難生活を送る皆さんにマッサージ、
そして色彩心理効果を活かしたメイクアップのボランティアにお越しいただきました。

向かった先は福島市飯坂町の「パルセいいざか」。
堀切邸や鯖湖湯など、飯坂温泉や観光協会の皆さんにも長年お世話になっており
今回も快く受け入れて下さいました。

 

パルセいいざかでは、現在、相双地区80人の方が生活をされているそうです。
事前に告知をしていただいていたようで
館内には、すでにお待ちの方もいらっしゃいました。

 

メイクアップ担当は3人。メイク道具もずらり!
丹念にマッサージをしながら、お肌のお手入れ。
眉も整え、ベースをのせた後に、いよいよお顔にも色を添えていきます。

春色メイク、皆さんに喜んでいただけたようで・・そして盛況で何よりです!

そういえば南さん、「こちらにいらっしゃる皆さん、もともと(素)がとてもキレイな方ばかり!」と絶賛されていました。

 

予約が耐えなかったのはフットマッサージ。
今までとは違う環境での生活、運動不足などで疲れがたまり、
むくんでしまった足を丁寧に揉みほぐしていきます。

はじめは遠巻きに見ていらした男性陣も、「気持ちよさそうだな」と次第に参加して下さり・・
フット担当の飯村さん、休憩もせず頑張っていらっしゃいました!

 

こちらはハンドマッサージ中。
たっぷりオイルをつけて血行もよくした後には、優しい色合いのネイルをのせます。
そうそう、女の美しさは手もとから・・と言いますね!

夕方近くになると、学校から子どもたちが帰宅。
周りの雰囲気も一段と明るくなります。お子さんの持つパワーはすごいですね!
マニキュアに興味深々の女の子もいたり。やっぱり「美」に年齢は関係ないのです!!

後片づけをしていると、避難者の皆さんがテーブルや椅子の片づけを手伝って下さいました。
私たちが使用したものを、私たちの気づかないうちに。
お昼には「さっきはありがとう」と野菜ジュースを差し入れて下さった方も。

こちらの方が、皆さんから心に色を添えていただいたような、とてもあたたかい時間でした。

フットマッサージご担当の飯村さんから粉ミルクやお子さん用のお菓子など支援物資をお預かりしました。
南さんからは、避難所の方々に化粧水なども美容品をプレゼント。

皆さん、東京から福島へお越し下さり、ありがとうございました。

そういえば、私もまるで貢献したかのような文面になりましたが
色彩プロ軍団が活躍されている間、私はただお湯を沸かし、蒸タオルを作っていただけで
戦力にはなれませんでしたが・・

生粋の福島県民として、できることから、少しずつ行っていきます。

日本ユニバーサルカラー協会 http://www.universal-color.jp/