県外からの復興支援

先日、横浜で行われた「東北復興まつり」のお手伝いに行って参りました。

このイベントは神奈川の外食産業経営者陣が、

震災の影響で販売ルートを失ってたり、風評被害等で苦しむ飲食業者や農作物の生産者を支援しようと

開催されたもので、2日間で来場者は20万人!

岩手・宮城・福島・茨城のご当地グルメや名産品が所狭しと並んでいました。

 

さて、生粋の福島市民の私にとって憧れの街「銀座」にもまたひとつ、

福島を支援して下さっているバーがあります。

その名も「須彌山」(しゅみせん)。

和の空間に包まれ「銀座に鎮座」と言っても過言ではないほど気品溢れるお店です。

売上の一部を福島復興費としてご支援下さっています。

京都ご出身のオーナーがなぜ福島復興にご尽力くださるのか・・

そのご縁は幕末時代まで遡ります。

かつて京都守護職に就任し、治安を守り続けた会津藩。

その会津藩から京が受けた忠義に報いるべく

そして福島の一日も早い再生を願い、この支援を始めれらたとのこと。

 

震災から8ヵ月。メディアで取り上げられることも徐々に少なくはなっていますが

遠方から支援して下さる方にお会いする度に、

「繋がりはじめているかも・・・ニッポン」という気持ちに至り、改めて感謝の念がこみ上げてまいります。

皆さま、東京へおでかけの際はぜひに。

須彌山 http://www.shumisen.net/

東京都中央区銀座7-5-10 第二一越ビル5階 

営業時間 20:00~翌1:00 / 定休日 土・日・祝